Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/chance29/dogfood-erabi.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

犬の半生フードは上げてはいけないという意見が多い

ドッグフードには半生のフードがあります。

果たして半生フードってどうなんでしょう?

今回は、半生フードについて調べてみました!

 




犬の半生フード

犬の半生フードは、あげない方がいい!!
そんなご意見も多いみたいですね。

これは、半生フードに限りませんが、ペットフードの中には
人間が食べることが禁止されてる物質も含まれています。

4Dミートと呼ばれる肉であるとか
(Dead(死) Disease(病気)Dying(死にかけ)Disable(けががある)

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、高い発がん性のある、ガソリン系防腐剤
雑草剤にも使用しているエトキシキンなどなど、恐ろしいものを含んだフードもあるといいます。

 

半生フードの場合、腐らせないためにほとんどのメーカーが化学物質である保存料を使っています。

保存料として有名なのは硝酸ナトリウムなどですが、これらは、非常には強力な発がん性物質です。

他にも、食いつきを良くするため、塩分も多く動物性油脂や植物性油脂を使っていたりします。

表示が単に肉類(たとえば鶏肉)としか表示されていないものは避けるべき!!

何の肉が使用されているかわからないわけですからね。

 

半生フードで気を付けてほしいのは賞味期限。

賞味期限1年ってことは・・・どんだけ薬入ってるんだろうってことになりますよね。

当然、すべての半生フードがダメなわけではありません。

注意するのは、プロピレングリコールです。

水分を保持するために、半生タイプのフードによく使われていますが、

接触性皮膚炎・腎臓・肝臓障害に関係し、皮膚細胞の成長を阻害、

湿疹・乾燥肌・表皮障害・アレルギーを引きおこす可能性、赤血球の破壊、

遺伝毒性など報告されています。

 

私自身は、ドライフード派なので、半生は使いませんが、もし気になるのであれば、

ドライフードを混ぜたものをあげて、だんだん半生フードを減らしていくのはどうでしょうか?