犬に食べさせてはいけないもの

犬には食べさせてはいけないものがあります。

愛犬の健康のためにも、犬に危険な食べ物を知っておきましょう。

 




犬に食べさせてはいけないもの

犬に食べさせると体調不良、最悪は死に至る食べ物があります。

気を付けるようにしてあげてくださいね。

 

チョコレートなどのカフェインが含まれるもの

カフェイン成分が下痢・嘔吐・体温不調・多尿・
尿失禁・ケイレン・テンカン発作の原因になります。

特にチョコレートは、大量に食べて致死量に達していると
中毒を起こし急性心不全などを引き起こすなどもあり要注意です。

 

ネギ類(ネギ・タマネギ・ニラ・ニンニクなど)

ネギ属の成分が赤血球中のヘモグロビンを変化させ、最終的に赤血球を破壊してしまいます。
絶対に食べさせないように。食べ過ぎると死ぬ場合もあります。

 

お菓子やケーキ等の甘い物

糖分のとりすぎは肥満につながります。

砂糖は、骨や歯茎を弱めたり、ビタミンCを破壊します。

ただ、食べ過ぎなければ大丈夫です。

 

牛乳などの乳製品

軟便・下痢を引き起こしやすいようです。犬用の牛乳をあげましょう。

 

ブドーやレーズン

ワンちゃんによっては嘔吐や腎不全を起こす恐れがあります。

なるべく避けたほうがいいようです。

 

これで全部ではありませんが、愛犬の健康のために気を付けるようにしましょう。